2018年01月13日

かゆみ止めのお話

明けましておめでとうございます!
鈴木です!

ぼやぼやしているうちに前回の投稿から2ヵ月も経ってしまいました…。
年末は何かと忙しいので忘れてしまっていました…すいません(´・ω・`)

2018年はより皆さまに有益な情報をお届けできるようにしていきたいと思います!

今年最初のお話は「かゆみ止め」についてです。
私たち獣医師によく使用されるかゆみ止めについて、ご説明したいと思います。

まずは「ステロイド(プレドニゾロン)」です。
ステロイドと聞くだけでいや〜な印象を持たれている方も多くいらっしゃると思います。
ステロイドはホルモンでできていて、健康な体にも存在し、体をストレスから守ってくれています。
ステロイドは体の炎症を抑えることでかゆみ止めとしての力を発揮します。少ない量では炎症を抑え込み、多い量では免疫を抑える働きが強くなります。そのため、免疫系の疾患でもステロイドは活躍します。またステロイドには即効性があるため、使用してから約4時間ほどで効果が出てきます。
しかし、ステロイドには様々な副作用があり、計画的に使用しないと副作用が大きな問題となることがあります。主な副作用には、多飲多尿、多食、肝障害、糖尿病(特に猫さん)、腹囲膨満、脱毛などがあります。

次に「抗ヒスタミン薬」です。
人の花粉症やアレルギーではメインで活躍する薬です。アレグラなんかがそうです。
副作用として眠気があり、それを利用して興奮気味の子に使用したりもします。
効果が安定するまで2〜4週間と時間がかかります。またアトピー性皮膚炎で効果が認められるのは、全体の10%程度とステロイドに比べると、しっかりとかゆみを止めてくれる薬ではありません。

3つ目は「シクロスポリン(アトピカ)」です。
これはリンパ球の働きを抑制し、アレルギーや炎症性の皮膚の病気で効果を発揮します。
かゆみを止める効果はステロイドに匹敵しますが、効果の発現には4週間ほどの時間がかかります。
主な副作用には、胃腸障害(主に嘔吐)や多毛、歯肉の過形成、乳頭腫(いぼ)の多発などがあります。胃腸障害についてはシクロスポリンを冷凍させることで嘔吐の症状を抑えることができるといわれています。

最後は「オクラシチニブ(アポキル)」です。
こちらは2年前に発売されたばかりの新しい薬です。
皮膚の炎症を起こす物質の結合を阻害する薬で「分子標的薬」という種類になります。
かゆみを止める効果は、ステロイドやシクロスポリンと同等であり、ステロイドと同等の即効性を持っています。また、副作用が比較的少ないことでも知られており、10%の割合で膀胱炎や皮膚の感染症を起こすと言われています。

どれも一長一短ですが、病気によってよく効く薬、効きにくい薬があります。それらを把握し、飼い主さまにしっかりとご提案できるよう、日々の勉学に励みたいと思います。
posted by 鈴木 隼人 at 22:08| Comment(0) | 日記

2017年11月02日

シャンプーの泡立て方

こんちには。獣医師の鈴木です。
11月に入り、肌寒く感じる日が増えてきましたね(´・ω・`)

人もわんちゃんも保湿が重要な時期になりますので、しっかりとケアをしていきましょう!

さて、今日はみなさまにご自宅で行っていただいているシャンプーの泡立て方について、ご紹介したいと思います。
一言でシャンプーといっても泡立て方でかな〜り洗浄効果が変わりますので、そのままつけてた!という方はぜひ一度試してみてください。

まず適当な容器にシャンプーを出します。
体重5kgの子で500円玉2枚分くらいです。
入れる水はほんのちょっとで大丈夫です。
IMG_0554.JPG

写真だと少しわかりにくくなってしまいました…。
市販の泡立てネットを使って泡立てます。
IMG_0561.JPG
今回はこれを使って泡立てました。

泡立てたあとがこちらです。
IMG_0557.JPGIMG_0558.JPGIMG_0559.JPG

逆さにしても落ちませんし、軽いキャップをのせても泡が崩れません。
これくらいの硬さになるまでしっかり泡立ててください。

作った泡でトリミングに来ていた子を洗ってもらいました。
IMG_0560.JPG

気持ちよさそう?ですね!

この泡立て方はワンちゃんたちのシャンプーだけでなく、僕らの体を洗う際のシャンプーでも同じことが言えますので、ぜひお試しを!
posted by 鈴木 隼人 at 15:57| Comment(0) | 日記

2017年10月14日

よくある皮膚病 その2

こんにちは!獣医師の鈴木です。

最近診察で「ブログ見てます」とちょこちょこですが、言っていただけるようになりました。
みなさんが皮膚病について興味を持っていただけているということがすごくうれしいです。

さて、今回お話するのは「脂漏症」についてですが、特に痒みを伴い問題となることが多い「油性脂漏症」について、お話しようと思います。

油性脂漏症はその名の通り、皮膚がベタベタでいやーな臭いで痒そうにしている、そんな病気です。
原因は大きく分けると2つあります。
一つは生まれ持った体質、もう一つは何らかの病気がもとになってベタベタしてしまうことです。
体質による脂漏症の好発犬種としては世界的にはシーズー、ウェストハイランドホワイトテリア、ミニチュアシュナウザーなどが知られていますが、日本ではトイプードル、ダックスフンド、チワワなどもよく見かけます。おそらく飼育されている頭数も関係していると思いますが…。
また、脂漏症の基礎疾患になりやすい病気としては、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚疾患や高齢であればホルモン異常などがあります。

このプードルさんは全身の毛がテカテカしていて、油っぽくなっています。また、痒みがあるため、腕や足の毛がハゲてしまっています。
IMG_7973.JPGIMG_7962.JPG

脂漏症は皮脂のコントロールが最も大事なので、やはりスキンケアは必須ですね!
週2回のシャンプーを中心としたスキンケアで少しずつよくなってきています。

IMG_7387.JPGIMG_7371.JPG

この病気は体質が関連していれば発症年齢が若いこともあり、アトピー性皮膚炎と勘違いされていることが時々あります。アトピー性皮膚炎ももちろんスキンケアは大事ですが、それ以上にしっかりとしたシャンプー、外用療法を行うことで奏功することが多いと感じています。

先にお話したように、別の病気が根本にある場合はそちらの治療を行わなければいけません。皮膚を診ることで全身の状態も推測することができる、これが皮膚科の素晴らしいところだと思います。

ひとことでスキンケアといってもシャンプー、トリートメントなど非常に多くの種類の製品が販売されており、どれを使えばいいか迷われることも多いですよね。時々トリミングルームにも出没しますので、「皮膚見てくださーい」と気軽に声をかけていただければと思います(*´ω`*)
posted by 鈴木 隼人 at 20:13| Comment(0) | 日記