2017年10月14日

よくある皮膚病 その2

こんにちは!獣医師の鈴木です。

最近診察で「ブログ見てます」とちょこちょこですが、言っていただけるようになりました。
みなさんが皮膚病について興味を持っていただけているということがすごくうれしいです。

さて、今回お話するのは「脂漏症」についてですが、特に痒みを伴い問題となることが多い「油性脂漏症」について、お話しようと思います。

油性脂漏症はその名の通り、皮膚がベタベタでいやーな臭いで痒そうにしている、そんな病気です。
原因は大きく分けると2つあります。
一つは生まれ持った体質、もう一つは何らかの病気がもとになってベタベタしてしまうことです。
体質による脂漏症の好発犬種としては世界的にはシーズー、ウェストハイランドホワイトテリア、ミニチュアシュナウザーなどが知られていますが、日本ではトイプードル、ダックスフンド、チワワなどもよく見かけます。おそらく飼育されている頭数も関係していると思いますが…。
また、脂漏症の基礎疾患になりやすい病気としては、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚疾患や高齢であればホルモン異常などがあります。

このプードルさんは全身の毛がテカテカしていて、油っぽくなっています。また、痒みがあるため、腕や足の毛がハゲてしまっています。
IMG_7973.JPGIMG_7962.JPG

脂漏症は皮脂のコントロールが最も大事なので、やはりスキンケアは必須ですね!
週2回のシャンプーを中心としたスキンケアで少しずつよくなってきています。

IMG_7387.JPGIMG_7371.JPG

この病気は体質が関連していれば発症年齢が若いこともあり、アトピー性皮膚炎と勘違いされていることが時々あります。アトピー性皮膚炎ももちろんスキンケアは大事ですが、それ以上にしっかりとしたシャンプー、外用療法を行うことで奏功することが多いと感じています。

先にお話したように、別の病気が根本にある場合はそちらの治療を行わなければいけません。皮膚を診ることで全身の状態も推測することができる、これが皮膚科の素晴らしいところだと思います。

ひとことでスキンケアといってもシャンプー、トリートメントなど非常に多くの種類の製品が販売されており、どれを使えばいいか迷われることも多いですよね。時々トリミングルームにも出没しますので、「皮膚見てくださーい」と気軽に声をかけていただければと思います(*´ω`*)
posted by 鈴木 隼人 at 20:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: